03-6869-4337

   mail@5yoga.tokyo

熊本地震復興支援チャリティー

今 私達ができること

わたしには、熊本でヨーガ療法士として活動している大切な友人います。
彼女(山本朋慧さん:以下 山本さん)とはインドで出会い、大変お世話になりました。
熊本震災で本人も大変な中で、山本さんは避難所を周り、被災者さんがエコノミー症候群にならないように、ヨガで心と体のケアをしています。

避難所で窮屈な生活を強いられていますと、心も病んできてしまいます。

 

ご年配の方に限らず、若い方もエコノミー症候群になってしまうケースもでています。

 

心と身体は繋がっていますので、身体の不調を訴えるのは時間の問題です。

 

少しでも手足を動かす事ができれば、血流が良くなり、エコノミー症候群の予防になる

と言われています。

山本さんの活動は、幾つもの避難所を周り、被災者さんと「ヨガ体操を一緒にする」といった支援活動です。

ご自身も熊本在住で、被災者の方と同じ状況にありながら、そんな支援活動を続けておられます。

 

私にもなにかできることはないか?

 

 
私にはヨガがある!

 

シンプルに、ヨガをさせてもらえればいいんだ!
熊本地震被災者の方の『 心と身体の健康 』をつなぐ支援活動として、

 

2016年5月28日 チャリティーヨガイベントを開催をさせていただきました。

 

町田のチャリティーヨガイベントにご参加の皆様、それ以外の相模原、相模大野のクラスの皆様からもたくさんの寄付金をお預かりさせていただきました。

 

 

本当にありがとうございます。

 

皆様からお預かりしました寄付金、48,000円を熊本でヨーガ療法士として震災復興活動をされている、天素体流(テンスタイル)代表の山本朋慧さんに活動資金として送らせていただきました。

 

山本さんは、ご自身も被災されている立場でありながら、様々な施設へ足を運び被災者の皆さんの心と体のケアに尽力されていらっしゃいます。

 

天素体流(テンスタイル)ホームページ  http://www.tenstyle.jp

 

image.jpegimage.jpeg

 

 

 

震災の不安や恐怖は、被災者皆さんの心と体のエネルギーを奪い、心身ともに疲弊させてしまいます。ヨーガ療法で心身のバランスを整えることは、被災された皆さんにとって大変重要な事なのです。

 

私たちができることは、このように現場で活動している方を応援すること。

自由に活動のために使えるものとしてはお金が一番役に立つのではないかと思います。

 

皆様からのお心、本当に感謝いたします。

 

今後も、お気持ちがございます方はどうぞお声がけくださいませ。

お預かりして、山本さんにお送りさせていただきます。

 

山本さんが落ち着いた際には、ぜひ相模原にお招きして色々とお話をお伺いしたいと思います。

 

 

熊本の方が、一日でも早く平穏な日常を送れるようお祈りいたします。

 

チャリティーヨガ_cover.jpg