03-6869-4337

   mail@5yoga.tokyo

呼吸法

呼吸は私たちにとって、一番大切なものです。

生まれる前はお母さんの呼吸から酸素のエネルギーをもらっていました。へその緒を切った時から、自分の肺での呼吸が始まって今日も命を繋いでいます。

救急救命では、呼吸のデッドラインは3分と言われます。3分呼吸が滞ってしまうと私は命の危機に晒されるのです。

 

毎日当たり前に行っている呼吸。寝ている間も止まることがない呼吸。

 

改めて考えると本当に大切な行為ですが、ヨガには様々な呼吸法があります。

このヨガの呼吸法は「ハタヨガプラディーピカ(ハタ・ヨーガ・プラディーピカ)」という17世紀ごろに書かれた経典の第2章に具体的に記されています。

2章16節には「調気法を正しく行じてゆくならば、一切の病がなくなるであろう。しかし修練の仕方を誤るとかえってあらゆる病が生ずる」とあります。

呼吸は私たちの健康と病気に深く関わりがあるのです。

また、呼吸は私たちの心、意識とも密接に関わっています。

 

呼吸=命のつながり

 

つまり「呼吸は命の確認作業」無意識に行われる呼吸を意識化することによって、「無意識な命」から、「意識的な命、生かされていう」という意識を持つことができるようになり、今まで見えなかった自分の新しい面に気づきを得るのです。

 

5YOGA養成講座では様々な種類の呼吸法を実践し、人の心と体にどのような影響があるのかを簡単に数値化して検証します。

体に起きる変化を目で見ることによって、より具体的に命と呼吸のつながりを感じることができるようになるのです。